三原市の会社員が中学生女子と八千代町のホテルでわいせつ行為

4月21日、安佐北署は三原市本町1丁目、会社員木村友紀容疑者(27)を児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕した。調べでは、2月8日正午ごろ、安芸高田市八千代町のホテルで広島市内の当時15歳の中学生女子が18歳未満と知りながら、現金5千円を渡していかがわしい行為をした疑い。同署によると、サイバーパトロールでインターネット上の2人のやりとりを見つけ捜査していた。会員制交流サイトで知り合ったという。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告