加計学園に流れた血税440億円

安倍昭恵夫人の紹介で籠池ファミリーが加計学園グループの「御影インターナショナルこども園」と「英数学館小学校」を視察したと週刊文春に掲載された。さらに安倍晋三首相の腹心の友である加計孝太郎理事長(65)が運営する加計学園に血税が440億円も流れたとう。記事を一部抜粋してみると、


「小学校を開設されるなら、すごく良い教育をしている学校があるから見学に行ってみてはどうですか」

安倍昭恵夫人から森友学園の籠池泰典氏側に連絡が入ったのは、2015年秋のことだ。ちょうど昭恵氏が「瑞穂の國記念小學院」の名誉校長に就任した直後だった。紹介しようとした学校は昭恵氏が名誉校長を務める「御影インターナショナルこども園」。兵庫県神戸市にある加計孝太郎理事長(65)が運営する「学校法人加計学園」のこども園である。

紹介を受けて籠池氏、妻の諄子氏、長女の町浪氏らは10月14日、御影こども園を訪ねた。だが諄子氏は昭恵氏に「お金儲けばかり考えている雰囲気やった」とメールを送り、昭恵夫人は不快感を示したという。

さらに翌16年2月13日、昭恵氏が籠池氏と電話で話をした際、今度は加計学園系列の「英数学館小学校」見学の話が出た。その2日後の15日、籠池氏や町浪氏らはさっそく広島県福山市に向かい、同小学校を訪問している。


銚子市に開校した千葉科学大誘致は失敗だった

「大学誘致はもともと加計氏と近い銚子市長から降りてきた話だった。客員教授には落選中だった萩生田光一氏(現官房副長官)や第一次政権で首相秘書官を務めた井上義行氏ら、安倍氏と近い面々が名を連ねてきました」(加計学園関係者)

この大学の開設にあたっても、今回の獣医学部と同様、地元自治体から巨額の助成金が出ていた。「銚子市は市有地を無償貸与した上、最終的に約78億円もの助成金を提供したのです。ところが、年約69億円を見込んでいた経済効果を市が試算し直したところ、約23億円だった。多額の税金を投入した大学誘致は事実上失敗に終わりました」(銚子市議)

加計学園に流れた税金は地元からの助成金だけではない。国からも多額の補助金が交付されている。

傘下の大学が情報公開している2005年以降だけで、その額約266億円。千葉科学大などへの助成金を合わせると、約440億円の公金が加計学園に流れた計算になる。


実母が語る再婚した加計理事長の素顔

加計氏は2010年に20歳近く年下の女性と再婚しており、沖縄のリゾートホテルで行われた少人数での結婚披露宴にも、安倍夫妻は参加していた。だが、家族はこの再婚を祝福はできなかった。加計氏の母、晃子氏が振り返る。

「30年ほど連れ添ったA子(前妻)と離婚したのは、孝太郎が浮気して彼女を作ってしまったから。悪いのは孝太郎。当時は私もA子も泣きました。だから孝太郎はちょっと軽薄な性格かもしれませんね」


加計孝太郎理事長は実業家

2005年から4年間、今治市長を務めていた越智忍氏(現愛媛県議)が語る。

「今治市はもともと土地の活用先として松山大学や東海大学の誘致を進めていましたが、うまく行かなかった。その後、地元県議を通じて、加計学園側から獣医学部設置の話が持ち込まれたのです。加計さんは当時から『校舎建設や医療用の設備に100億円の支援が必要です』と言ってきた。教育者というより、実業家という印象を受けました」


広島出身のキーマン

「実はこの流の中でキーマンと言われている人物がいます。加計学園理事で、元文科官僚の木曽功氏です。木曽氏は文科省には珍しい規制緩和論者で知られています」(文科省関係者)

14年4月から16年9月末まで内閣官房参与(文化関係施策担当)を務めてきた木曽氏。「『明治日本の産業革命遺産』のユネスコ世界遺産登録に尽力し、首相の評価も高い」(文科関係周辺)という。

16年4月に加計学園理事兼千葉科学大学長に就任している。

「木曽氏は後輩の前川喜平文科次官(当時)に『獣医学部の件を進めてほしい』と迫った、と言われています。また、内閣府地方創生推進事務局の藤原豊審議官を、自身の執務室にも呼んだりしている」(文科省関係者)

木曽氏は「理事に就任したのは、私が広島出身で加計さんとは以前から面識があったからです。前川さんとは酒の席で一緒になることもありますが、『進めろ』と迫ったことはありません・・・」





加計学園 安倍夫妻 週刊文春
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告