福山の測量機材ドロボウ兄弟を逮捕

工事現場の事務所から高額の機材を盗んだなどとして、安佐北、広島東、広島南、世羅、府中の5署は4月20日、自称福山市駅家町大橋、土木作業員佐々木拓哉容疑者(27)を窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕。福山北署は同日、弟の福山市御幸町中津原、土木作業員佐々木蓮容疑者(22)を同容疑で逮捕した。

調べては、拓哉容疑者は蓮容疑者と共謀、2月19日から20日までの間に広島市安佐北区安佐町飯室の工事現場事務所に侵入し、光を使って距離を測る光波測距儀1台(130万円相当)を盗んだ疑い。

蓮容疑者は拓哉容疑者と共謀、4月2日午後6時ごろから3日午前6時20分ごろまでの間、福山市駅家町の建設会社の資材置き場に侵入し、測量機2台(計58万4千円相当)を盗んだ疑い。

いずれも両容疑者は容疑を認めているという。両署などによると、同様の被害届けが他に4件出ており関連を調べる。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告