カープ緒方監督人生初退場は山路塁審の策略か?

広島カープ・緒方監督プロ初退場となった4月19日の「広島0-4DeNA」(マツダスタジアム)は異様な雰囲気だった。それは山路塁審による2度の誤審だった。

この誤審で広島の緒方孝市監督(48)が、現役時代を通じても初の退場処分を受けたというもの。試合では、3点を追う七回、2死一、二塁で小窪選手が遊撃へゴロを打った。全力疾走し、一塁へヘッドスライディングしたが際どいタイミングに判定は「アウト」だった。その瞬間、緒方監督がベンチから鬼の形相で飛び出した。

一塁・山路塁審の元に詰め寄り激しい口調で猛抗議したが暴言があったとして、現役時代も通じて初の退場を命じられた。

これには伏線があり、直前の六回1死の攻撃の場面で田中選手が遊撃へゴロを打ち、一塁を駆け抜けた場面も「アウト」にされた。「どう見てもセーフ。僕らは一生懸命やっている。審判の人も人間だし間違いはある。でも誰が見てもセーフ。試合時間が長くなっても一塁もビデオ判定をすべき」と田中選手。このプレーも微妙な判定だったことで、指揮官が山路塁審に抗議していた。“誤審”が繰り返されたことに、黙っていられなかったという。

翌日の中国新聞には、山路塁審についての批評は一切なかった。広島球団は試合後、六、七回の判定に対してセ・リーグ事務局に意見書を提出した。


誤審は山路塁審の策略か?視力と聴覚、頭は大丈夫か?

誰が見てもセーフなのにアウトと判定される。高齢者でも分かる内容だった。しかし、なぜ山路塁審はアウトに見えたのだろうか。ちょっと心配になってきたので、山路塁審がなぜ誤審をするのか冷静に考察してみたい。

山路哲生審判は広島県瀬戸内高校を卒業して広島県高野連審判員を経て2004年にプロ野球の審判部に入局している。それなりの資格審査を経て合格していると思われる。しかし人間は年齢とともに視力が低下し、反射神経も衰える。場合によっては難聴にもなってしまう。ベースを踏む方が早いか、グラブに収まる球の方が早いかの判断は、審判は目と耳の機能を同時に使う。しかし、山路塁審は自分の視覚聴覚に衰えがあったとしても、失職するから絶対に口が裂けても言わないだろう。

また、個人特有のこだわりも芽生え、意固地な性格に変化していく。山路塁審は、きわどい判断の時は、自分なりの思考のもとに脳がパターン化して判断しているのだろう。また、強いカープが面白くないからとか、カープ球団に根に持つ人間がいれば、塁審の特権でカープに不利な判定をすることは容易だ。




山路塁審 緒方監督
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告