ダンス講師が少年と公衆トイレでわいせつ行為

4月17日、広島東署は福山市駅家町下山守、ダンス講師ゴメス・デ・アルメイダ・マウロ容疑者(47)を監禁と強制わいせつの疑いで逮捕した。調べでは2月14日午後5時半ごろ、広島市南区松原町の公衆トイレで、少年(17)に声を掛けて個室に連れ込み、鍵を掛けた上、下半身を触るなどした疑い。同署によると2人に面識はないという。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告