キムタク「広島はカッコいい人が多い」⁇極度の視力低下と苦しいお世辞

元SMAPの木村拓哉の主演映画「無限の住人」(4月29日公開)の試写会が4月3日、広島県府中町で行われ、木村と共演の杉咲花が舞台あいさつを行った。現在、全国10都市でのキャンペーン中で、広島が4都市目。司会者から広島県人のイメージについて聞かれた木村は「ついこないだ、非常に盛り上がり、赤一色に染まりましたね。団結力や地元愛を強く感じます」と答え、「男性はかっこいい人が多いですね」と付け加えたという。

最近“神っている”と感じたことを聞かれると「杉咲花は基本、神っていると思います。半日、彼女と一緒にいれば“きてるな”と感じます」と回答。地元テレビ局でインタビューを受けた際に杉咲が珍回答を返したエピソードも暴露し、会場を笑わせた。三池崇史監督がメガホンを取った本作で木村は“不死身の侍”万次を演じ、杉咲は両親を殺され復しゅうを誓う少女・凜を演じた。(デイリースポーツ)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告