技能実習生が知人の腹を刃物で刺す

3月29日、広島中央署は広島市中区江波南1丁目、ベトナム国籍の技能実習生グエン・ティン・ビエン容疑者(22)を殺人未遂容疑で逮捕した。調べでは、3月28日午後9時ごろ、近くの水産会社の寮で、知人のベトナム人技能実習生男性(24)の腹を刃物で刺して軽傷を負わせた疑い。同署によるとビエン容疑者と男性は別の水産会社で働き、異なる寮に住んでいた。ビエン容疑者が刃物を持って男性の寮を訪れ、犯行後、逃走していたが、29日夜に自宅に戻った。「ナイフで腹を刺したが殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているという。(中国)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告