森友問題で順正学園の加計美也子理事長が講談社を提訴

大阪市の学校法人「森友学園」の問題に絡め、大学の学部新設に関して事実と異なる記事を「週刊現代」に掲載し、名誉を傷つけたとして、岡山市の学校法人・順正学園(加計美也子理事長)が3月24日、発行元の講談社に2000万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求める訴訟を東京地裁に起こした。

訴状によると、週刊現代は、3月25日・4月1日合併号に「森友学園スキャンダルはもっと広がる」と題し、学園が2013年4月、運営する吉備国際大(岡山県高梁市)の地域創成農学部を兵庫県南あわじ市に開設したことについて、「『タダ』で建物ごと手に入れた」などと記載した。しかし、建物の改修費の一部を学園が負担しているうえ土地は使用貸借で、記事は虚偽であり学園にも一切取材していないと主張しているという。週刊現代編集部は「訴状が届いておらずコメントできない」としている。(毎日)


加計美也子氏とは

加計グループ創立者である加計勉氏の長女。加計勉氏は、広島県安芸津町(現在の東広島市安芸津町)出身、広島文理科大学を卒業後、学校経営の夢を実現すべく、昭和30年に広島英数学館 を設立、昭和36年に加計学園を設立、以後、保育園・幼稚園から大学院まで各地に次々と関連校を設立。西日本最大クラスのスケールを誇る学園づくり を展開中。


離婚?

Yahoo!検索で「加計美也子」と打ち込むと、関連キーワードに「離婚」と表示される。


加計美也子 離婚





加計勉

加計美也子

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告