東広島市の山陽道で車12台が衝突事故

3月19日夜、東広島市の山陽自動車道で乗用車など車12台が相次いで衝突する事故があり、1人が病院に運ばれたが、けがの程度は軽いという。19日午後6時半ごろ、東広島市八本松町飯田の山陽自動車道下り線の八本松トンネルの入り口付近で乗用車など車12台が関係する事故があった。

警察によるとトンネルの入り口の前後で乗用車などが次々に衝突したという。消防によるとこの事故で52歳の女性が胸の痛みを訴えて東広島市内の病院に搬送されたが、けがの程度は軽いという。この事故の影響で山陽自動車道はいずれも東広島市内の西条インターチェンジと志和インターチェンジの間の下り線が午後7時から通行止めになっている。(NHK広島)



東広島 山陽道事故

東広島市 山陽道事故

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL