知人の女性を殺した元新聞配達員反省せず懲役18年

15年9月、知人の女性の首を絞めて殺害したなどとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた広島市の元新聞配達員の男に、広島高等裁判所は「犯行の経緯は強く非難される悪質なもので、真摯な反省もしていない」として、1審に続いて懲役18年を言い渡した。

広島市南区の元新聞配達員北野吉和被告(53)は、15年9月、知人で廿日市市の団体職員青森利香さん(46)の首をひもで絞めて殺害し、遺体を自宅の浴室に遺棄したとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた。

被告は「被害者から頼まれて殺害した」として、嘱託殺人罪にあたると主張していたが、1審の裁判では認められず懲役18年の判決が言い渡され、弁護側が控訴していた。

3月9日の2審の判決で広島高等裁判所の多和田隆史裁判長は「被害者は死ぬことを前提にしたような行動は取っておらず、今後も社会生活を続ける意思を持っていたことは明らかだ」と指摘した。

その上で「犯行の経緯は強く非難される悪質なもので、真摯な反省もしておらず懲役18年を言い渡した1審の判決は正当である」として、1審に続いて懲役18年を言い渡した。(NHK広島)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告