バイクに乗って暴走行為をした少年7人が逮捕される

広島市安佐南区の市道でバイクに乗って集団で危険な暴走行為をしたとして、16歳から17歳の7人の少年が逮捕された。逮捕されたのは広島市安佐南区などに住む高校生や土木作業員などの16歳から17歳の少年あわせて7人。警察の調べによると、少年のうち6人は16年10月、広島市安佐南区の市道で、3台のバイクに2人乗りして並んで走り、大きな音を出しながら信号を無視したり、割り込みを行ったりするなど集団で危険な暴走行為を行ったほか、11月には別の1人を含む4人の少年が安佐南区の市道で2台のバイクに2人乗りして同様の暴走行為を行ったとして、道路交通法違反の疑いが持たれている。

警察によると、両方の暴走行為に加わった16歳の1人は無免許でバイクを運転していたという。取り締まりを行っていた警察官が実際の走行を確認した上で、捜査した結果、少年7人を特定して3月6日までに逮捕したという。少年7人は警察の調べに対していずれも容疑を認め、「スリルや興味本位でやった」などと供述しているという。(NHK広島)




安佐南区 高校生バイク暴走

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告