福山のトラックが積んでいた鋼板が落下して対向車に直撃!炎上!運転手死亡

3月3日午後0時25分ごろ、岡山市南区西高崎の県道で、走行中のトラックの荷台から工作機械の部品が落下し、対向車線の乗用車の前方に衝突した。乗用車ははずみで信号機にぶつかって炎上し、焼けた車から20代の男性とみられる1人の遺体が見つかった。岡山県警が身元を調べている。

県警は、自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで、トラックを運転していた広島県福山市加茂町下加茂のトラック運転手松井公雄容疑者(73)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。

県警によると、部品は長さ3.5メートル、幅1.6メートルの鉄製の板状で、荷台に積まれていた円柱形の工作機械の一部。岡山県玉野市から同県里庄町へ運搬する途中だった。事故の直前、この部品が標識や信号機にぶつかっており、県警ははずみで落下したとみて、積載方法に問題がなかったかなど原因を調べる。

現場は片側1車線で、見通しの良い緩やかなカーブ。岡山市中心部の南約13キロで、周辺は住宅や田畑が点在している。(産経)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告