私生活を注意された46歳長男が父親を絞殺

首を絞めて殺害しようとしたとして、46歳の長男が現行犯逮捕された。自称無職・坂本英雄容疑者(46)は、3月1日午後8時35分ごろ、福山市新涯町の実家で父親の坂本宏幸さん(72)の首を絞めつけ、殺害しようとした疑いがもたれている。宏幸さんと同居する孫夫婦からの通報で駆けつけた警察官が現行犯逮捕した。宏幸さんは病院に運ばれたがその後、死亡が確認された。調べに対し坂本容疑者は「首を絞めたことは間違いないが、殺すつもりはなかった」と殺意は否認している。また坂本容疑者は当時、酒を飲んでいて「生活ぶりを注意された」とも話していることから警察は親子げんかのもつれが原因とみて殺人容疑への切り替えも視野に捜査を進める方針。(HOME)




福山市 坂本容疑者 殺人
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告