JR呉線の両城トンネル付近で男性が列車にはねられ死亡

JR呉線で男性が列車にはねられ死亡する事故があり、警察が男性の身元を調べている。2月27日午後11時40分ごろ、呉市東川原石町にあるJR呉線の両城トンネルの入り口付近で、20代から40代とみられる男性が上り普通列車にはねられた。男性は全身を強く打ち、間もなく死亡した。この事故のため、呉線の上りでは最大1時間半の遅れが出た。現場は踏切に近く、警察は列車のドライブレコーダーを分析して、事故の状況や原因を捜査するとともに、男性の身元の確認を急いでいる。(TSS)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告