プレジャーボートに放火して保険金4千万円詐欺未遂 元海上保安官ら逮捕

船(プレジャーボート)に火を付けて沈没させ、保険金をだまし取ろうとしたとして、第6管区海上保安本部(6管、広島市)は2月22日、非現住建造物等放火と詐欺未遂などの疑いで、6管の海上保安官だった長崎市三原、中村勇貴容疑者(26)ら4人を逮捕、起訴したと発表した。認否は明らかにしていない。起訴されたのは他に、広島市中区の自称投資家志和喜二郎(49)、無職志和直之(51)、住所不定無職の小田真之将(29)の3容疑者。

逮捕容疑は2015年3月7日、香川県・高松港から広島市に向けて航行中の汽船(プレジャーボート)で、亀水町小槌島から約2キロ東の沖合で仲間の会社名義の汽船(19トン)に軽油をまいて放火。さらに別の知人とも共謀し、火災保険金4千万円をだまし取ろうとした疑い。ボートは炎上、沈没した。

6管によると、汽船(プレジャーボート)は小田容疑者が役員だった会社の名義で、中村、小田両容疑者が乗船していた。直之容疑者を除く3人が放火に関与し、4人で保険金を詐取しようとしたとされる。中村容疑者は昨年3月に依願退職。4人は知人同士で、同規模の船の保険金が数百万円なのに対し、多額の保険金がかけられていた。 (時事、産経)




香川県小槌島

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告