「先生はみんなをバカにしている」盈進高校の教諭が不適切発言

福山市千田町の盈進高の男性教諭(52)が、特定のクラスに対し「先生はみんなをばかにしている」などと発言し、授業をたびたび自習にしていたという。同校は「不適切だった」と生徒と保護者に謝罪した。同校によると、男性教諭は2年生の生物の授業を担当。特定のクラスで週3回のうち、1月からの3学期は毎週1回を自習にしていた。2学期も一部自習にしていた。反応や質問が乏しいなどと、授業で生徒に告げていたという。学校には報告していなかった。

生徒が生活を記録するノートに自習について書くなどして発覚。男性教諭は「学習指導要領の範囲が終わっていた」と学校に説明したという。

同校は、このクラスの生徒に謝罪し、保護者に経緯などを記した文書を郵送した。近く、処分を決める。男性教諭は同校に19年在籍している。菅龍人校長は「授業の放棄は許されない。生徒と保護者に申し訳ない」としている。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告