飲酒運転で信号待ちのタクシーに追突した23歳会社員を現行犯逮捕

安佐北署は2月19日午前4時20分ごろ、広島市安佐北区口田南8丁目、会社員柿本健斗容疑者(23)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。調べては、安佐北区口田南1丁目の県道で酒を飲んで軽乗用車を運転した疑い。同署によると、赤信号で停車中だったタクシーに追突して発覚。運転手と乗客がけがをした。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告