府中市で住宅火災1人遺体発見

2月15日午後、府中市で住宅1棟が全焼する火事があり、敷地内から1人が遺体で見つかった。15日午後3時半ごろ、府中市久佐町の正木靖行さん(76)の家から火が出て消防が消火にあたり、火は1時間余りで消し止められたが、木造2階建ての住宅1棟およそ97平方メートルと、離れの建物およそ10平方メートルがいずれも全焼した。この火事で敷地内から1人が遺体で見つかった。警察によるとこの家には正木さんが1人で暮らしているが、火事のあと連絡が取れなくなっているという。警察は亡くなったのは正木さんとみて身元の確認を進めるとともに火事の原因を調べている。現場は、JR福塩線の河佐駅から500メートルほどの田畑の中に住宅が点在する地域。(NHK広島)



府中市 火事
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL