介護事業所運営の好縁会、ウェルケアが介護報酬数千万円不正受給

東広島市に拠点を置く医療法人好縁会のグループが、広島市内の複数の事業所で介護報酬の不正受給を繰り返していたという。訪問介護サービスなどの報酬を介護保険法に基づく基準より多く請求したり、実態と異なる事業内容を記載した申請書を提出して介護事業所の指定を受けて報酬を受け取ったりしていた。

不正に得た報酬は数千万円に上り、同法に基づく事業所の指定権限を持つ広島市が2月3日にも関係した事業所の指定を取り消す。

関係者によると、不正があったのはグループ会社「ウェルケア」(東広島市)が運営する「やすらぎ訪問介護ステーション」(広島市西区)や、好縁会が運営する「ケアプランサポートふれあい段原」(南区)。

やすらぎ訪問介護ステーションは広島市内の老人ホーム内で業務をしていたにもかかわらず、ホーム外に移転したとする虚偽の届けを提出。ホーム内で業務をする場合は介護報酬を減額する必要かあったのに、それをしていなかった。

ケアプランサポートふれあい段原は、居宅介護支援事業所として指定を受けた場所と違う市内の施設に機能の一部を移してサービスを提供していたにもかかわらず、2013年にこれらを隠して虚偽の申請書を提出し、指定の更新を受けて事業を続け、報酬を不正に受給した。

やすらぎ訪問介護ステーションは17年1月15日から、ケアプランサポートふれあい段原は16年12月1日から、それぞれ運営を休止している。(中国)



東広島市 好縁会


介護サービス事業所指定取り消し

広島市は、介護サービス事業所として指定を受けた所在地と別の場所に事務所を設け、介護報酬を不正に受け取っていたとして、東広島市の医療法人に対し、運営する広島市南区の事業所の指定を取り消す処分を行った。処分を受けたのは、東広島市に本部がある医療法人「好縁会」。

広島市によると、好縁会は南区で運営する居宅介護支援の事業所について、平成22年から介護サービス事業所の指定を受けた所在地と別の場所にも事務所を設け、平成25年には、それを隠した虚偽の申請書を作成して指定の更新を受けていた。さらに好縁会が安佐南区で運営するグループホームでは、必要な研修を受けた職員を配置していないにもかかわらず、専門的なケアを行ったとして介護報酬の加算分を不正に請求していた。

このため、市は好縁会に対し、南区の事業所の指定を取り消すとともに、安佐南区のグループホームについては利用者の新規の受け入れを6カ月間停止する処分を行い、不正請求額と加算分、あわせて1173万円の徴収金を支払うよう通知した。また広島市は、好縁会の関連会社に対しても、西区で運営する訪問介護事業所で事務所の所在地を偽って介護報酬を不正受給していたとして事業所の指定を取り消し、およそ270万円の徴収金を支払うよう通知した。(NHK広島)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告