生保に勤務していた呉の男を詐欺容疑で逮捕

2月1日、広島中央署は呉市広古新開7丁目、派遣社員高田政広容疑者(52)を詐欺の疑いで逮捕した。調べては広島市内の大手生命保険会社の支社に勤務していた2010年3月から13年5月までの間、顧客2人の名義で同社に貸付金を請求。10回にわたり計404万3600円を顧客の口座に入金させてだまし取った疑い。「借金を返すためにやった」と供述している。同署によると、顧客の1人から身に覚えのない貸付金があると同社に相談かあり不正が発覚。同社が15年2月に懲戒解雇し同署に告訴していた。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告