呉市のゆるキャラ TRFの「クレイジー」が「呉氏」に

呉市は地域の魅力を広く発信しようと、顔に「呉」の漢字が描かれた新しい市のイメージキャラクターを作り、人気音楽グループTRFのヒットソングをもとにしたテーマソングとあわせて発表した。呉市の新しいイメージキャラクターは、「呉氏」という名前の男の子で瀬戸内海の海をイメージしたブルーの四角い形の顔に白で呉の漢字が描かれている。

誰が見ても一目で呉市のキャラクターと分かるデザインで、市では世の中に数多くあるゆるキャラクターの中で埋没せず、愛される存在を目指しているという。また、2月1日は、呉市のテーマソングとプロモーションビデオも発表された。テーマソングは人気音楽グループ、TRFの代表作の1つ「CRAZYGONNACRAZY」を使っていて、歌詞を「クレイジー」から「呉市」に替えたほか、市の観光地も歌詞に盛り込まれている。

また、プロモーションビデオは「ゆず」や「乃木坂46」など、人気アーティストのミュージックビデオを手がけた監督を起用し、キャラクターがテーマソングに合わせて市内の観光地で「ゆるキャラ」らしからぬキレのあるダンスを見せるなど、完成度の高さにもこだわったという。

呉市では、この映像を市のホームページなどで公開するとともに、キャラクターを使ったPRポスターを制作し、観光施設などに貼り出すことにしている。呉市の小村和年市長は、「ユニークでインパクトもあり、とても良いキャラクターができたと思います。今後は全国のイベントに積極的に出てもらい呉市をPRしてほしい」と話していた。(NHK広島)




呉氏
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告