流川で深夜介抱していた男性の財布がひったくられる

1月27日未明、広島市の繁華街で酒に酔った友人を介抱していた男性が、近づいてきた男に財布を奪われる事件があった。事件があったのは広島市中区流川町の路上。警察によると、午前4時50分ころ、酒に酔った友人を介抱していた男性が、歩いて近づいてきた男に現金およそ10万円などが入った財布をひったくられた。男性にけがはなかった。男は男性の後ろから近づき、ズボンの後ろのポケットに入っていた財布をひったくり、現場から西へ走って逃げたという。逃げた男は、20代くらいの外国人風で、身長170センチ程度の中肉。フードの付いた灰色のダウンジャケットにデニムズボン姿だったという。現場周辺では、去年12月下旬以降の1カ月ほどの間に、徒歩の男によるひったくり事件がほかに2件起きていて、警察が関連を調べている。(RCC)




流川 ひったくり事件
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告