穀物施設談合でサタケに1カ月の営業停止命令

1月24日、中国地方整備局は東広島市の精米機など製造のサタケに建設業法に基づく営業停止命令を出した。期間は2月8日〜3月9日の30日間。全国の建築・機械器具設置に関する公共工事と国や自治体から補助金を受けている民間工事が対象となる。

整備局によると、同社は2011年4月〜13年12月、北海道で農業協同組合が発注した穀物乾燥・調整・貯蔵施設の製造など複数の工事の入札で他社と談合した。

公正取引委員会から16年2月、独禁法違反で排除措置と課徴金納付の命令を受け、同8月に確定した。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告