酒を飲ませて事故を装って恐喝した男を逮捕

1月23日、広島西署は東広島市西条大坪町、アルバイト岩城照晴(20)、広島市西区南観音町、店員林田幸智(21)の両容疑者を恐喝の疑いで逮捕した。調べでは、両容疑者は佐伯区五月が丘5丁目、会社員桑原将治容疑者(25)=恐喝未遂容疑で送検=と共謀。1月9日午前4時10分ごろ、広島県内のアルバイト男性(20)が西区鈴が峰町の市道に止めた乗用車内で、会員制交流サイトで知り合った林田容疑者が男性に酒を飲ませ、車を発進させた直後、歩いていた桑原容疑者が交通事故を装って車に接触。

そばにいた岩城容疑者と「飲酒運転で事故したことを通報したら慰謝料じゃ済まんで」などと言い、南区の消費者金融でカードローンを契約させて130万円を脅し取った疑い。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告