夜行バスの運転手が仮眠中、バスを施錠して乗客を監禁

広島県福山市の山陽自動車道福山サービスエリア(SA)で1月20日深夜から約6時間、中国JRバス(広島市)の夜行バスの男性運転手(38)が仮眠して寝過ごし、乗客17人がバス内に閉じ込められたという。警察も駆けつける騒動になり、乗客は新幹線で目的地の大阪に向かった。

同社によると、バスは広島県呉市のJR呉駅を1月20日午後8時半に出発し、大阪駅に1月21日午前6時20分ごろ到着する予定だった。福山SAに午後11時ごろ着き、運転手はトランクルーム横の仮眠室で3時間の予定で仮眠を取った。しかし、そのまま寝過ごし、乗客が午前5時35分ごろ、車内から同社や警察に連絡して発覚。バスは外側から施錠され、出入りできない状態だった。

運転手は乗務後、風邪の症状があると診断されたという。同社の担当者は「所定の時間に到着できなかったことをおわびし、今後、乗務員の管理を徹底したい」と話した。(毎日)



中国JRバス SA仮眠
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告