神石高原町で大型ミキサー車が崖下に転落

1月23日午前、神石高原町の山あいの道路で、大型ミキサー車がおよそ10メートル下の崖下に転落し、運転手など乗っていた2人がけがをした。現場の道路には一部、雪が残っていて、警察は凍結した路面でスリップしたとみて事故の状況を詳しく調べている。

23日午前10時半ごろ、神石高原町の山あいの道路で大型ミキサー車がおよそ10メートル下の崖下に転落したと通りかかった車のドライバーから消防に通報があった。消防によると、大型ミキサー車は斜面の底で上下逆さまの状態となり、運転席と助手席にいた2人が一時、車内に閉じ込めらたが、消防の救急隊がおよそ2時間後に運転手の51歳の男性を救助し、さらにその1時間後に、助手席にいた75歳の男性を救助した。

2人はけがをして病院に搬送されたが、いずれも意識はあるという。警察によると、大型ミキサー車は岡山県倉敷市からおよそ13トンのセメントを神石高原町の会社まで運ぶ途中だったという。現場は下りのゆるやかな右カーブで、道路には一部、雪が残っていたということで、警察は凍結した路面でスリップしたとみて事故の状況を詳しく調べている。(NHK広島)



神石高原町 ミキサー車転落
関連記事

Comment

No title
編集
75歳のほうは心配停止と聞いたがな・・・
2017年01月24日(Tue) 16:48












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL