福山通運の元役員を逮捕 銀座で女に6億円使いまくった!

福山市に本社がある大手運送会社「福山通運」の元執行役員が取締役を務めていた子会社で、会社の金、およそ1億円を使い込み、会社に損害を与えたとして、特別背任の疑いで警視庁に逮捕された。会社の内部調査では、東京・銀座の高級クラブで飲食するなど、使い込んだ総額は6億円に上るという。

逮捕されたのは「福山通運」の元執行役員、吉澤信一容疑者(58)。警視庁の調べによると、吉澤容疑者は、「福山通運」の子会社で取締役を務めていた平成24年2月から1年間にわたって、会社の金、およそ1億円を使い込み、会社に損害を与えたとして、特別背任の疑いがもたれている。調べに対し、容疑を認めているという。

これまでの調べで吉澤容疑者は、下請け業者に水増しした請求書を提出させ、差額を受け取る手口で使い込みを繰り返していた疑いがあるという。会社の内部調査では、東京・銀座の高級クラブで飲食するなど、使い込んだ総額は6億円に上るということで、警視庁が詳しいいきさつを調べている。福山通運は、「ご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます。2度とこのようなことが起きないよう、再発防止に努めます」とコメントしている。(NHK広島)

福山通運の元執行役員が千葉の子会社で6億円着服、高級クラブで豪遊


福山通運元役員逮捕
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告