秋葉広島市長のYouTubeで引退表明はネットユーザーからは高評価

秋葉広島市長がYouTubeで公開した引退表明から2週間が経過し、アクセスも5万回に達した。投稿されたコメントを見ると、ネットユーザーの約8割は高く評価しているようだ。(高評価300、 低評価68)この動画のなかで秋葉広島市長は「疲れた」という言葉を2回使っているのが印象的だ。精神的にも体力的にも限界に近付いたと悟ったのだと思う。3期12年というのも区切りがいい。皮肉にも、この手法ばかりやられると、マスコミ側の立場がなくなってしまうのだが、発言したい人の真意を生で知るには、動画共有サイトは威力を発揮する。この動画でもう十分伝わった。


秋葉市長youtube

秋葉市長youtube2



事の始まりは、広島市役所の仕事始め式で秋葉市長が職員を前に「任期満了である4月7日でピリオドを打つ」と述べたのが始まりだった。しかし、退任理由や決断の経緯について説明がなく、あいさつ後、報道各社の質問にも答えなかった。

広島市政記者クラブは秋葉市長に会見を要請したが「今回は任期が来てやめるだけのことなので、特に会見などは開かない。しかるべきときに、自分の気持ちを文書にして出す」と広報課を通じて回答。この問題について取材に応じない姿勢を鮮明にした。 同商議所の大田哲哉・前会頭は「年明けに連絡があった」と言う。県議会の林正夫議長には4日午前、連絡があり、秋葉市長は「68歳で、4選はいかがなものかと考えた」と語ったという。林議長は新しい市長について、「県との対話路線を維持してほしい」と期待を込めた。(毎日)

産経新聞のインタビューでは、インターネットの動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」を通じて引退理由などを公表した理由について、「ユーチューブは15分間、自分の伝えたいことをカットなしに伝えることができる。今は多くの人がユーチューブを見ており、そういう選択をした」と述べた。秋葉市長は引退を決意した理由について、「年末年始に休みを取って考えていたが、駅伝のように、若くエネルギッシュな人にたすきをつなぐべきだと2日から3日にかけて決意した。ユーチューブの動画を撮影したのは4日のこと」と述べた。会見要請に応じず、市長としての説明責任を問う意見もあることについては「選挙の出馬、不出馬について、記者会見しなければならないということはなく、それは市長の職務ではない」と反論。「テレビや新聞は1時間話しても、使われるのは数秒、数行にしかすぎず、私が伝えたいことがほとんど伝わらない」と持論を展開した。さらに「一部のマスコミは自分の作ったストーリーに合わせてコメントを利用する。信頼をおけない」と述べ、不信感を示した。自ら旗振り役をしていた広島市への五輪招致問題については「市の開催基本計画案への市民の理解が深まるよう引き続き準備を進める。4月に誕生する新しい市長がすぐに手を挙げられるよう準備をしておく」と話した。正月休みにテレビ観戦した箱根駅伝に触れ、「たすきをつなぐことの大切さ」に思いを巡らせ「若い創造力あふれる人にたすきを受け継いでもらいたい」と、引退を決意した背景を述べていた。


【この動画が消されることも考えられるので、1月18日現在、高評価として10ポイント以上付いているコメントを、ポイントの多い順に抜粋してみた。】

考え方は違うが記者クラブを拒否してyoutubeで演説を流し­たことは評価すべき。
superzooms 1週間前 134

テレビで「なんでYoutubeなんすか!」と罵声を浴びせてた­マスコミの人がいたので、それって自分たちの商売ができないってことで筋が違うんじゃないかと思いました。公人がおおやけに国民と直接対話することの何が悪いの?
momonga007abl 1週間前 99

むしろ新聞よりネットでニュースキャッチすることが多いんですが・・・マスコミさん怒りすぎですよ・・
inosike 1週間前 27

勘違いしている人もいるようなので、事実を確認しておきます。秋葉市長は市長としての定例会見は開いており、それは全てネット­でも見ることができます。今回の不出馬に関してもテレビの生放送­に出演していますし、取材も全て断っているわけではありません。ただ、選挙に出るか出ないかのような、公務には関係ない個人的な­ことで、マスコミを利用したり、無駄な時間を使ったりせずに、残­された時間を、これまで通り公務に専念されているだけです。広島市の情報公開度は市議会を除けば、間違いなく全国一で、それ­は秋葉市長の功績の一つです。そういうことすら正確に伝えられないマスコミだから、ダメなのです。
junpapa 1週間前 20

旧来型のメディアは、広告代理店の指示に従って、捏造・歪曲・偏­向報道ばかりするから、信用できません。だから、このように、ネットメディアを活用する事例は、増えるで­しょう。
jerusalem0123 1週間前13

おつかれさまです。既存メディアでは、あなたの思いは屈折して届けられたかもしれません。貴重な判断だと思います。
tryworks 1週間前13

秋葉市長は既に4日、広島テレビの生放送に出演されていますよ。選挙に出るか出ないかは市長の仕事ではありません。秋葉忠利氏の個人的な問題です。歴代総理のように任期中に辞職するわけではなく3期12年間も勤められたわけですから「説明責任」などは、あるはずがありません。秋葉市長の功績は、経済や福祉、教育でも非常に大きなものがありますが、マスコミの偏向した報道にも関わらず平和に関する功績に­ついては異論のないところです。ただ、市民が秋葉市長一人に任せすぎただけではないでしょうか。
junpapa 1週間前 13

次期不出馬の理由は15分の映像で発表。これからの、新しい方法だと思います。言いたいことが、過不足なく、真っ直ぐ伝えられる。聞きたい人にだけ、聞きたい時に、いつでも、繰り返し、試聴できて、しかも、いたづらに妙な編集や、誇張を、稚拙な第三者の思惑を通して、されることなく。これは賛成です。記者会見を拒否しているのはおそらく、きちんとしゃべっても、編­集の段階で、好き勝手に映像が小間切れにされ、部分部分が編集され、つなぎ合わされたものになり、当初の真意とは別なイメージが­独り歩きする、今のマスコミに配慮したのだろう。残念ながら、まさにその通りだ。
matuiteigojira 1週間前 12

記者クラブを拒否してyoutubeで演説を流したことは評価すべき。という意見に同感ですが市民の疑問意見についてある程度答えるために再度youtube­で答えるのがいいのではないでしょうか。3期12年というのは適当だと思います。
menatube1 1週間前 12

発信者側としては賢明な方法でしょうね。会見をしても編集する人間のサジ加減で白くも黒くもできる。1から10までの発言の連続によって生み出されるメッセージも間を抜かれる事によって真意を伝えられないどころか、操作されるデメリットもあるリスクを考えれば、現代の伝達ツールとして外的­意図を排除できる最良のものでしょう。今後、ニコニコやYoutubeでの表明会見が増えるでしょうね。民放やCSなどでで会見をするのは、そこからギャラをもらって飯を食ってるタレントレベルの会見だけとなっていくのかもしれませんね。
yyWeberyy 1週間前 12

屁理屈をつけて自己保身に走るマスコミを無視­すると、必ず執拗な報復を受けますが、これを恐れない態度に驚くとともに尊敬に値します。数少ない優れた為政者が退場することに­深い悲しみを覚えます。広島が元の木阿弥にならないことを願うばかりです。
takotako4141 1週間前 12

マスコミが流す報道で、市民や国民が多少なりとも振り回されているのは事実です。このように直接コメントを届ける手段はもっともっと使った方が良­いと思います。このような形であれば、説明責任は十二分に果たせていると感じます。
tsm51191401 1週間前10

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL