広島市議が政務調査費をだまし取った疑い

広島市議会の議員が事務員に給料を支払ったように領収書を偽造し、政務調査費、現在の政務活動費をだまし取った疑いがあるとして刑事告発されたことを受け、警察は1月14日から議員に任意で事情を聞き、詳しい経緯について調べている。

刑事告発されているのは広島市議会の自民党の会派に所属する熊本憲三議員(53)。熊本議員は事務員に給料を支払ったように領収書を偽造し、政務調査費、現在の政務活動費20万円をだまし取った疑いがあるとして、16年2月に告発された。

警察はこれまで関係者から話を聞くなどしてきたが、14日から熊本議員に任意で事情を聞き、詳しい経緯について調べている。熊本議員は「政務活動として依頼した仕事に対して支払ったもので不正は行っていない」と説明している。熊本議員は現在7期目で、平成25年6月からおよそ2年間、副議長を務めた。(NHK広島)



広島市議会 熊本議員
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告