草津で住宅が全焼、焼け跡から1人の遺体が見つかる

1月15日未明、広島市西区で住宅1棟が全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかった。15日午前1時半ごろ、広島市西区草津東の橋本清兵衛さん(95)の家から火が出ていると消防に通報があった。消防車など16台が出て、火はおよそ3時間後に消し止められたが、木造2階建ての住宅1棟が全焼し、1階から1人の遺体が見つかったという。警察によると、この家には橋本さんが1人で暮らしていたということで、火事のあと、橋本さんと連絡がとれなくなっているという。このため、警察では亡くなったのは橋本さんではないかとみて身元の確認を急ぐとともに火事の詳しい原因を調べることにしている。現場は広島電鉄の草津駅の南およそ400メートルの住宅地。(NHK広島)



草津東 火災
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告