岸田外相が総理の座を狙う? Yahoo!の検索でとんでもない事に・・・

1月14日、岸田外相(広島1区)は、安倍首相の次の首相を目指すため、自民党の総裁選挙に出馬する意欲を示したという。岸田外相は「安倍総理の時代もいつか終わりが来るのは当然のことですが、安倍時代の後に何ができるのか、こういったことも考えてみたい」と述べた。また、岸田外相は「存在感、知名度をしっかり上げることを今年の目標に掲げている。その結果、より大きな仕事ができる政治家になりたい」と強調した。自民党内からは、来年9月の次の総裁選への出馬を求める声も出ているという。今回、将来的な出馬に意欲を示した岸田外相だが、「今後どんな政局が起こるか分からないので、申し上げるのは控えるべきだ」と述べ、次の総裁選に出馬するかどうかは明言を避けた。(NNN)



ネットユーザーは何も期待していない?

この報道を受けて、ネットユーザーは批判的で何も期待していないというコメントが多かった。「今までの仕事を見てきて期待はしない」「勝ち目も期待もない」「もう岸田や石破のようなリベラルの時代じゃない。時代がこれを許さなくなっている」「アナタはその器ではないと思うよ」「この方はそれなりに評価があるようなんだが、どうしても小物感があるんだよな」などと言ったコメントが寄せられていた。


なぜ岸田外相は評価されないのか。ロシアのラブロフ外相と北方領土返還についての交渉が弱かったのか。韓国に無駄な10億ドルを振り込ませてしまった一人だからか。被爆地広島を背負ったセンチメンタリズムでは、平和をアピールするだけで、国益のために鬼になれないからだろうか。


そんな広島1区の岸田外相だが、ここで非常に恐ろしいことが判明した。Yahoo!の検索で「岸田外相」と打ち込んでみたら、何とあの悪夢の民主党時代の管直人元総理と同じ内容のものが表示された。やめておけば良かった。






岸田外相 無能



管直人 無能


関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告