無免許でバイクを運転し小学生をはねて逃走した中学生を逮捕

1月11日、広島市の市道の交差点で、14歳の男子中学生が無免許で小型バイクを運転し、自転車に乗った小学生をはねてケガをさせ、そのまま逃げたとしてひき逃げなどの疑いで逮捕された。逮捕されたのは広島市西区に住む14歳の中学3年生の男子生徒。警察によると、男子生徒は11日午後7時40分ごろ、広島市西区中広町の市道の交差点で無免許で小型バイクを運転し、自転車で道路を横断していた9歳の小学生の男の子をはねて肩を打撲するなどのケガをさせ、バイクでそのまま逃げたとしてひき逃げなどの疑いが持たれている。

男子生徒は当時、後部座席に知人の男子高校生を乗せて2人乗りをしていたということで、警察は現場に残っていた高校生から話を聴くなどして男子生徒を特定したという。警察によると、男子生徒は「まちがいありません」と容疑を認めているという。バイクは男子生徒や高校生のものではないということで、警察はバイクを入手した経緯についても調べている。(NHK広島)



中広 ひき逃げ事故
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告