西区のアパートで火災1人死亡

1月4日早朝、広島市西区の2階建てのアパートで火事があり、2階の部屋の玄関先で住人とみられる高齢の男性が死亡しているのが見つかった。4日午前4時前、「広島市西区大芝のアパートの2階から煙と炎が見える」と近くを通りかかった人から消防に通報があった。消防によると、消防車10台が出て消火に当たり、火は約1時間後に消し止められたが、木造2階建てのアパートの2階部分約30平方メートルが焼けた。そして火元と見られる部屋の玄関先で住人とみられる高齢の男性が倒れていて、その場で死亡しているのが確認されたという。また、隣の部屋に住む高齢の男性も煙を吸うなどして軽いけがをしたという。現場はJR横川駅から北に約1キロの住宅街で消防と警察が火事の原因を調べている。(NHK広島)



西区大芝 アパート火事

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL