駐広島韓国総領事館開設20年 それでも竹島(独島)は韓国の領土!

駐広島韓国総領事館(広島市南区)が2017年の今年、開設20年を迎えたという。1997年1月1日に下関市から移り、広島、山口、島根の中国地方3県と愛媛、高知を合わせた5県を管轄する。ビザの交付や在日韓国人のパスポート発給などの業務に当たるほか、日韓友好を推進してきたという。

同総領事館は、2014年4月に就任した徐張恩総領事(51)と職員約20人が勤務する。5県に暮らす特別永住者1万3511人を含む韓国人1万5862人(16年6月現在)の支援、韓国進出を検討する日本企業と現地企業の橋渡し、芸術公演会の企画など経済や文化の交流を通じた親善に取り組む。

日韓の団体が16年3月、関連資料を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録申請した江戸時代の外交使節団「朝鮮通信使」に注目。呉市下蒲刈町である朝鮮通信使の再現行列などを関係自治体と努力して広報してきた。

在日韓国人と市民をつなぐ交流行事にも力を注ぐ。10月3日の韓国建国を祝う「国慶日レセプション」を11年から広島市で開いている。15年には日韓国交正常化50年を記念した行事を管内各地で開催。本国から交響楽団を招き、広島市中区の平和記念公園で野外公演を開くなどした。広島県内の日韓親善協会の設立にも力を入れ、計5協会になった。広島市と大邱市は今年5月、姉妹都市提携20年を迎え、総領事館は記念行事を計画しているという。(中国)


駐広島韓国総領事館と日韓の歩み

1965年6月 日韓基本条約調印(同年12月発効)
1966年5月 駐下関領事館開設
1980年5月 総領事館に昇格
1996年12月 駐下関総領事館閉鎖
1997年1月 駐広島総領事館開設(広島市中区鉄砲町)
1997年5月 広島市と大邱市が姉妹都市提携
1998年12月 韓国で日本文化の段階的開放始まる
2002年5月、6月 サッカーワールドカップ(W杯)日韓大会開催
2003年4月 NHK・BSで「冬のソナタ」放映開始、韓流ブームに
2005年3月 島根県が「竹島の日」条例制定
2006年12月 総領事館が中区袋町に移転
2007年 朝鮮通信使400周年
2010年3月 総領事館が現在の南区東荒神町に移転
2015年6月 日韓国交正常化50年
2015年11月 3年半ぶりに日韓首脳会談
2016年9月 韓国政府が設立した元慰安婦支援のための「和解・癒し財団」の銀行口座に日本政府が拠出した10億円が振り込まれる(←中国新聞が書いていなかったから追加した)



韓国 慰安婦像
ソウルの日本大使館前の慰安婦像


http://jpn-hiroshima.mofa.go.kr/worldlanguage/asia/jpn-hiroshima/main/index.jsp

しかし、駐広島韓国総領事館のホームページを見ると、祖国のために主張すべきことはしっかりやっているようだ。領土問題で言えば竹島(独島)は韓国の領土であり、日本海については「東海」だと言っている。さらにパク・クネ大統領を称賛する記事も多い。朴槿恵を英語表記でPARK GEUN-HYEと書くらしい。ついでに韓国などで流行っている「慰安婦像」は広島にはつくらないのだろうか。


韓国の美しい島「独島」
独島は歴史的にも、地理的にも、国際法上も明白な大韓民国固有の領土です。

竹島(独島)



駐広島韓国総領事館

駐広島韓国総領事館 Google

日韓友好に”常駐警官”と”こん棒”という物々しい演出
By Google Map

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告