2016年の交通事故死亡者数 東京159人 Vs 広島86人

2016年の1年間に東京都内でおきた交通事故の死者は159人と、戦後最も少なかった。警視庁によると、去年、都内の交通事故で死亡した人は159人で、警視庁が目標としていた「150人未満」は達成できなかったが、2015年に比べて2人少なく、戦後最少を更新した。年齢層別に見ると、最も多いのが65歳以上の高齢者で、全体の約4割となる63人となっている。このうち自動車に乗っていて死亡した高齢者は去年より3人多い18人で、警視庁は、高齢者の事故の対策を進める方針。(NNN)


広島県内の2016年の1年間の交通事故死者数が86人と過去最少となった。県警によると、県内の去年の1年間の交通事故死者数は、15年から9人減って86人と、統計が残る1948年以降、最も少ない人数となった。そのうち65歳以上の高齢者は半数以上となる47人と前年から1人増えていて、特に夜間の道路横断中の事故が多いという。県警は、年間の交通事故死者数90人以下を目指す「アンダー90作戦」を一昨年から行っていて、死者数は減少傾向にある。(HOME)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告