尾道で住宅火災、焼け跡から遺体が見つかる

12月30日朝、尾道市で住宅が全焼する火事があり、住んでいた女性がやけどをして病院に搬送されたほか、焼け跡から男性の遺体が見つかった。30日午前8時すぎ、尾道市福地町の高橋貞次さん(84)の住宅から煙が出ていると近所の男性から消防に通報があった。消防ではポンプ車など7台で消火にあたり、およそ2時間後に火を消し止めたが木造2階建ての住宅1棟100平方メートルあまりが全焼したほか、隣の住宅の一部が焼けた。

この火事で高橋さんの84歳の妻が頭などにやけどをして病院に搬送された。また、焼け跡からは男性の遺体が見つかり、火事のあと高橋さんと連絡がとれなくなっていることから、警察は亡くなったのは高橋さんとみて身元の確認を急ぐとともに出火の原因を調べている。(NHK広島)



尾道市 住宅火災

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告