流川で20代の男性が3人組の男に刺される

12月25日早朝、広島市の繁華街で男性がナイフのようなもので刺され、けがをした。25日午前4時半ころ、広島市中区流川町の飲食店が入ったビルの前で、「男性が腹を刺されたようだ」と、通りがかった人から消防に通報があった。警察によると、20歳の男性が腹や足を刺されてケガをしたが、意識はあり、命に別状はないという。また、事件の直前に、男性が3人の男と言い争っているところを、通りがかった人が目撃していた。男性は3人の男と「面識はない」と話しているという。3人の男は、いずれも20代くらいの若い感じだったということで、警察は凶器を持ったまま逃走しているとみて、殺人未遂事件として行方を捜査している。(RCC)



流川殺人未遂
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL