広島市立庚午小学校の教諭が百貨店で瞬間接着剤3個を万引きして逮捕される

12月23日午後、広島市の51歳の小学校教諭が広島市安佐南区の百貨店で瞬間接着剤を盗んだ疑いで逮捕された。教諭は「万引きなんかしていない」と容疑を否認しているという。逮捕されたのは、広島市立庚午小学校の教諭で広島市佐伯区楽々園に住む香川英紀容疑者(51)。

警察の調べによると、香川教諭は23日午後1時ごろ、広島市安佐南区緑井の百貨店で瞬間接着剤3個、あわせて1425円分を盗んだ疑いが持たれている。店内を巡回していた百貨店のスタッフが、香川教諭が瞬間接着剤を盗む様子を目撃したため逮捕し、警察に通報したという。

調べに対し、香川教諭は「万引きなんかしていない」と容疑を否認しているということで、警察は事件の詳しい状況を調べている。小学校教諭が逮捕されたことについて、広島市教育委員会は「ふだんから教職員の服務規律の徹底を図っていただけに、まことに遺憾だ。今後、詳細を把握した上で厳正に対処したい」とコメントしている。(NHK広島)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告