福山で81歳の妻がカッとなって89歳の夫を絞め殺す

12月21日昼前、福山市の住宅で81歳の妻が89歳の夫の首を絞めて殺害したとして殺人の疑いで逮捕された。妻は「かっとなってやった」と供述しているという。逮捕されたのは、福山市大門町の高田和子容疑者(81)。警察によると、高田容疑者は21日午前11時半ごろ、自宅の居間で夫の定男さん(89)の首を布で絞めて殺害したとして殺人の疑いが持たれている。高田容疑者に頼まれた近所の人が119番通報し、警察が事情を聴いたところ、容疑を認めたことなどから逮捕した。高田容疑者は夫の定男さんと2人で暮らしていたということで調べに対し、「カッとなってやった」と供述し容疑を認めているという。現場は、JR山陽線の大門駅近くの閑静な住宅街で、警察が詳しいいきさつを調べている。(NHK広島)



福山老人絞殺
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL