【島根女子大生死体遺棄】頭部を切断した画像も見つかる

2009年、広島県北広島町の臥龍山で島根県立大1年の平岡都さん(当時19)が遺体で見つかった事件で、島根、広島両県警が書類送検する益田市の当時30代の会社員男のカメラなどに、平岡さんが頭部を切断される前後の写真が記録されていたことが分かったという。画像には刃物も写っており、捜査本部は男が遺体を損壊したことを示す有力な証拠とみている。

捜査関係者によると、今年秋ごろ、男の遺品から発見し、押収したデジタルカメラなどを解析したところ、男が自宅の風呂場と室内で撮影した平岡さんの画像が複数枚見つかり、頭部の切断前後の画像も含まれていた。一部に、包丁のような刃物も写り込んでいた。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告