恐怖の「ずんずん運動」伝承者NPO元理事長らに賠償命令

「ずんずん運動」と称した乳幼児向けの独自の健康法によるマッサージで、当時4カ月の男児が死亡したとして、神戸市に住む男児の両親が、施術した姫川尚美元NPO法人理事長(59)らに損害賠償を求めた訴訟の判決で、神戸地裁(山口浩司裁判長)は12月14日、請求通り約5200万円の賠償を命じた。

訴状によると、姫川元理事長は平成26年6月2日、大阪市淀川区の事務所で男児の首をもむ施術をして、6日後に低酸素脳症による多機能不全で死なせたとしている。男児の死亡をめぐり、大阪地裁は15年8月、業務上過失致死罪で姫川元理事長に有罪判決を言い渡し、確定。新潟地裁も同11月、新潟県の男児に対する業務上過失致死罪で有罪判決を言い渡した。(産経)


恐怖の「ズンズン運動」広島出身のNPO法人代表が逮捕される

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告