介護施設の76歳の経営者の男が82歳の女性認知症入所者を強姦

12月6日、広島県警佐伯署は介護施設に入所している認知症の女性(82)に性的暴行を加えたとして準強姦の疑いで、この施設の経営者の男(76)=広島市佐伯区=を逮捕した。「何をやったのか分かりません」と容疑を否認している。逮捕容疑は11月3日午後8時40分ごろ、佐伯区の介護施設の個室で、女性に性的暴行を加えた疑い。複数回にわたって女性に暴行を加えていたとみて調べている。同署によると、8日に介護施設の従業員が警察に相談し発覚した。女性は要介護2の認定を受けており、2月から施設に入所していた。(産経)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告