安芸五日市郵便局の元課長代理が顧客の金550万円を使い込んでいた

広島市の郵便局の元課長代理が、担当していた顧客の通帳から現金およそ550万円を勝手に引き出して盗んだとして逮捕された。逮捕されたのは広島市佐伯区の安芸五日市郵便局、金融渉外部の元課長代理、池田光一容疑者(42)。警察と日本郵便によると、池田元課長代理は16年2月までの1年あまりの間に、担当していた広島市佐伯区の68歳の顧客の女性の通帳を3回にわたって持ち出して、あわせておよそ550万円を引き出して盗んだ疑いがもたれている。

池田元課長代理は、郵便局で扱う金融商品などを販売する業務を行っていて、顧客の女性からは現金を引き出すことを依頼されることもあるなど信頼されていて、通帳の暗証番号も聞いていたという。

警察の調べに対し容疑を認め、「遊興費や借金の返済にあてていた」と話しているという。安芸五日市郵便局では、池田元課長代理がほかの郵便局のATMで顧客の通帳から現金を引き出していることを不審に思い、警察に相談して発覚した。日本郵便中国支社によると、事実が明らかになった16年5月に懲戒解雇にしたという。(NHK広島)



安芸五日市郵便局

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL