因島の息子が父親がミイラになるまで死体を放置

尾道市で病気療養中の父親を放置し、その後、死亡したにも関わらず年金を不正に受給したとして、保護責任者遺棄などの疑いで同居していた息子が逮捕された。逮捕されたのは尾道市因島土生町の無職・濱本晴樹容疑者(64)。

警察によると、濱本容疑者は2013年3月ごろ、病気療養中だった父親の猛さんを病院に連れて行くことなく放置し、その後死亡したにも関わらず年金を不正に受給していた、保護責任者遺棄と詐欺の疑いが持たれている。11月11日に濱本容疑者が入院し、家族などが家を訪れた際に猛さんの遺体が見つかったことから事件が発覚。

12月1日に濱本容疑者が退院したところを逮捕しました。遺体はすでにミイラ化していて、死因は特定できず、解剖の結果、死後3年から6年が経過しているという。調べに対し、濱本容疑者は「お金がなく病院に連れて行けなかった」と容疑を認めているという。(TSS)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告