安佐北区の産業廃棄物処理倉庫から出火

11月29日未明、広島市安佐北区の産業廃棄物の処理などを行う会社の倉庫から火が出て、10時間以上燃え続けたという。29日午前0時半ごろ、安佐北区大林町の産業廃棄物の処理などを行う「金本商会」の倉庫から火が出ていると従業員から警察に通報があった。消防車など30台が出て消火にあたったが、倉庫2棟のおよそ800平方メートルが焼け、火の勢いはおさまったが10時間以上燃え続けているという。

倉庫にはプラスチックや木の廃材が保管されていて、出火当時、倉庫には誰もいなかったという。消防では消火活動を急ぐとともに警察などで防犯カメラの映像を確認するなどして火事の原因を調べている。(NHK広島)



金本商会 火事

大林 金本商会 火事
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL