バイクを運転する尾道の造船工が自転車に激突し72歳男性死亡

尾道市の市道で、ミニバイクを無免許で運転していた男が自転車に追突し、乗っていた72歳の男性にけがをさせたとして、無免許過失運転傷害の疑いで逮捕された。男性は病院でまもなく死亡した。逮捕されたのは尾道市吉和町の造船工、吉原烈也容疑者(25)。警察によると、吉原容疑者は11月26日午後5時半ごろ、無免許でミニバイクを運転し尾道市吉浦町の市道で、近くに住む加納信行さん(72)が乗る自転車に追突してけがをさせたとして無免許過失運転傷害の疑いがもたれている。加納さんは頭などを強く打ち、尾道市内の病院で手当てを受けたが、まもなく死亡した。吉原容疑者は、酒を飲んで運転したとして、15年4月に免許の取り消し処分を受けていた。調べに対し、容疑を認めているということで、警察が当時の状況を調べている。(NHK広島)
関連記事

Comment

No title
編集
普通の事故のように報道されているが、犯人は事故直後に逃げてます。これって、ひき逃げじゃないねてすかね?
2016年11月27日(Sun) 11:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL