広島の建設会社役員と社員がアルバイト男性を殴る蹴る

11月22日、安佐南署は広島市西区南観音2丁目、建設会社役員岸正明容疑者(30)を傷害と暴力行為法違反の疑いで、安佐南区祇園8丁目、同社社員音出智昭容疑者(37)を同法違反の疑いで逮捕した。調べでは、岸容疑者は10月31日午前0時45分ごろ、安佐南区西原9丁目の駐車場で、広島市内の同社アルバイト男性(22)の顔を殴るなどして鼻を骨折する3週間のけがを負わせた疑い。また、2人は共謀して男性の太ももなどを十数回蹴った疑い。同署によると、岸容疑者は「1発殴ったが、一緒に足蹴りはしていない」、音出容疑者は「胸ぐらをつかんだぐらい」と供述し、同法違反容疑を否認しているという。(中国)

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL