五日市で1歳の男の子が近所の乗用車にはねられ死亡

11月12日午後、広島市佐伯区の住宅街で自宅の前にいた1歳の男の子が乗用車にはねられて死亡した。警察は乗用車を運転していた近くに住む42歳の会社員を逮捕し、事故の詳しい状況を調べている。12日午後3時ごろ、広島市佐伯区五日市の住宅街で自宅の前にいた1歳の大濱翼ちゃんが乗用車にはねられ、頭などを強く打って病院に運ばれたが、およそ2時間半後に死亡が確認された。警察は乗用車を運転していた近くに住む会社員の廣田英美容疑者(42)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕した。現場はJR五日市駅からおよそ800メートル南東の住宅街の市道で、廣田容疑者は現場から数十メートル先の自宅に戻る途中だったという。警察は容疑を過失運転致死に切り替えて事故の詳しい状況を調べることにしている。(NHK広島)



佐伯区五日市 事故
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL