東広島の国道で衝突事故 男性1人死亡

11月10日未明、東広島市の国道で、大型トラックと軽自動車が衝突する事故があり、軽自動車を運転していた男性が死亡した。午前0時15分ごろ、東広島市志和町を通る国道2号の交差点付近で大型トラックと軽自動車が衝突する事故があった。この事故で軽自動車を運転していた東広島市八本松町の小畠亘さん(32)が全身を強く打ち、およそ1時間半後に死亡が確認された。トラック運転手にケガはなかった。現場は片側一車線の大きく左にカーブする下り坂で軽自動車が対向車線にはみ出す形で衝突していたという。警察は小畠さんがカーブを曲がりきれなかったとみてドライブレコーダーを確認するなど、事故原因を調べている。(HOME)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL