運行管理者を置かなかったトラック事業者「ツインズ」を処分

11月8日、中国運輸局は運転手の労務管理などにあたる運行管理者を置かなかったとして広島市安芸区上瀬野町のトラック事業者「ツインズ」の岡山営業所(岡山市北区)を同日から12月7日まで30日間の事業停止処分とした。運輸局によると同事業所は15年6月に運行管理者だった従業員が退職して以来、管理者が不在となっていた。不在に伴い、点呼の不実施や点呼記録の記載事項の不備など5点の違反もあったため、12月8日から翌年2月15日までの70日間、車両1台の使用を停止する。(中国)
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

スポンサーリンク

広告